鹿島朝日高等学校 通信制課程 受験指導センター指定校として開設します!

kashima

藤原進学塾はこの度、鹿島朝日高等学校 通信制課程
受験指導センター指定校として開設致しました。
鹿島朝日高等学校は通信制高校でも多くの生徒を抱える
鹿島学園高等学校と姉妹校提携を結んでおります。

学校の詳細はこちらから

これからは、当塾にて鹿島朝日高等学校のレポート学習や大学受験対策が可能です。
なお、生徒の在籍は鹿島朝日高等学校指定キャンパスとなります。
自立心あふれる中学生・高校生をお待ちしています!

鹿島学園高等学校 通信制課程では中学生コース(鹿の子クラブ)も開校しています。

当塾に来て学習することで居住地の中学校の出席日数として換算することも出来ます。
出席日数は、卒業のためはもちろんのこと、
高校進学に際しても決しておろそかにできない大切な「得点」です。
調査書に書かれる欠席日数が多いと入試に不利になってしまいます。

不登校でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらから

高校生も鹿島朝日高等学校にて単位取得が認定されます。

高校生はレポート作成とスクーリング出席など必須事項を受講することで、
鹿島朝日高等学校にて単位取得が認定されます。
また、鹿島朝日高等学校指定キャンパスへの登校が必要とされる場合もございます。

単位制を採用しており、学習スタイルも自分で選択できるので、
自分の時間を無駄なく使いたい方には最適です。

気になる学費について、知りたい方も多いのではないでしょうか。

例えば国立高校だと、卒業まで約130万円、公立高校は約150万円、私立高校は約300万円ほど必要です。
その点、通信制高校は負担が数十万円に収まりますし、
中でも鹿島朝日高等学校はリーズナブルに高卒資格を取得できます。

全日制への転籍や、就学支援金の受給も可能ですので、
経済的負担から進学をあきらめている方にもおすすめです。

当塾は個人の進学塾です。
小さいですが、有名私立や国公立への進学実績もあり、受験指導の体制も十全です。

(詳しくは藤原進学塾のポイントからご覧ください。)

高卒認定試験対策のほか、大学進学や、その先の進路を目指すにあたっても
親身にお手伝いします!

ボードゲームやパズルも沢山ありますから、
ほかの生徒や職員との交流にも事欠きません!
(実際、職員と塾生の距離は近いです。)


大事な進学、その選択肢の一つとして、当塾への「通学」をぜひご検討ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

盛岡一高、東北大。中学受験の塾「標準仙台校」に入社。2009年から独立し藤原進学塾を設立。東大合格生から不登校児まで数千人以上の様々な生徒を指導。ボードゲーム「悲しき熱帯魚」「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者。ボードゲームはドイツのエッセンシュピール’16にも出展。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。