藤原進学塾のポイント

header

算数・数学を重点的に指導します。

数学が、「自分で学び、考える力」を育む、優れた科目だからです。

私たちは日々、沢山の選択を迫られます。
テスト問題から、休日の予定まで、限りがありません。
そのすべてに、

「みんなが選んでいるから」
「なんとなく」

そんな選び方で本当にいいのでしょうか。
きっと勉強すら上手くいかないと思います。
そもそも、選択肢が必ずしも1つではないと、気づいているのでしょうか。

問題や選択肢を、自分で見つけだす。
受験や、その先にある問題に、自信と責任を持って立ち向かう。
見聞きしたことをそのまま繰り返すだけでは足りません。
必要なのは、「自分で学び、考える力」です。

数学は、その性質上、覚えるだけでは得点できません。
論理的な理解・解釈が求められます。
必然、学ぶにつれて思考力が鍛えられます。

そこで培われる思考力は、数学だけでなく、あらゆる科目の基礎になります。
「あいつ、全然勉強していないのに何で成績がいいんだ?」
それは効率のよいやり方を発想し、実践しているのです。

思考力は勉強の外でも役立ちます。
たとえば野球。
ピッチャーをなぜ重視するのか?
ショートやセカンドが守備の要といわれるワケは?
きちんとワケがあります。
選手はそのセオリーの上で、さらに瞬時の的確な判断を行っているのです。

このように、論理を重んじる数学は、学力全体を引き上げるだけでなく、
その先の将来に欠かせない力を養う、格好の材料でもあるのです。

大切なのは、「自分で学び・考える力」を、楽しんで学ぶ環境です。
murajin
ボードゲーム教育に「村の人生」をオススメする理由

私の塾は、数学を重視するとともに、
勉強の合間にパズルやボードゲームで生徒と遊ぶようにしています。
ゲームで勝つために、どう動けばよいのか。
楽しみながら、自然と考える習慣が身につくのです。

生徒に1日2時間以上パズルを解かせるという宮本哲也さんの算数教室は、
無試験先着順の入塾にもかかわらず、
生徒が首都圏トップ校(開成、麻布、栄光、筑駒、駒東、桜蔭、フェリス)に
85%進学という驚異の実績を残しています。

子どもたちが楽しんでパズルやボードゲームに取り組むことは、
「知育」として大きな効果があるのです。

第一志望90%以上の合格実績

藤原進学塾は開塾以来、少人数制の塾ながら第一志望90%以上の合格率をあげています。

主な進学先(過去5年、シーズン講習だけの生徒は除く)

【中学受験】海陽中 二華中、青陵中、帝塚山、函館ラサール、鎌倉学園、桐蔭学園、宮教大附属、東北学院中、聖ウルスラ学院、北嶺
【高校受験】仙台第二、仙台第一、仙台第三、宮城第一、泉館山、多賀城、泉松陵、国立高専、仙台白百合、東北学院、東北学院榴ヶ岡、尚絅学院、東北高校、江戸川取手、國學院久我山、都立両国
【大学受験】一橋大(経)、東北大(工、歯、医など)、御茶ノ水、東京外国語大、東工大、山形大、早稲田大、法政大、順天堂大(医)、東北薬科大

入塾のときには、入塾試験はなく先着順で入塾を受け付けております。

試験対策には徹底したプリント演習

「定期試験対策は行っていますか?」
お母様方から、こういった質問をよく頂きます。

当塾では、学校の試験前から2週間ほど、試験対策期間を設けております。
期間中、生徒は100~500枚ほどのプリントを解きます。

プリントの枚数は、試験範囲を見ながらお子さんと私で、
どの教科のどの部分をどの程度やるのか、
しっかりと話し合い決めていますので、
試験に必要充分な量を、集中的に勉強することができます。

塾生を優遇します

一般に塾は新入生への特典が多いものですが、
藤原進学塾では、通塾する生徒にこそ快適に勉強していただきたいと考え、
通塾生も数多くの優遇があります。
たとえば、通塾生は春期・夏期・冬期講習が無料(一部除く)です。
さらに、シーズン勉強合宿や卒業旅行も行っております。兄弟割引や母子家庭割引もございます。

中学生には、内申点対策と目標設定のため、英検・数検・漢検を塾内実施。
(藤原進学塾は英検・数検・漢検の準会場認定校です)
しかも塾生は無料で受験できます。

授業コースの案内はこちら


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
藤原進学塾では、1回分の無料体験授業をやっております。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・体験学習のお申し込みはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

盛岡一高、東北大。中学受験の塾「標準仙台校」に入社。2009年から独立し藤原進学塾を設立。東大合格生から不登校児まで数千人以上の様々な生徒を指導。ボードゲーム「悲しき熱帯魚」「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者。ボードゲームはドイツのエッセンシュピール’16にも出展。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。