実技4教科も定期試験に対応できるようになりました!

adf8553620f8e7cefdafbb532e7b226a_s

もうすぐ中総体の季節ですね。

それが終わると、中間テストがやってきます。
学校によっては主要5教科だけではなく、音楽・美術・技術家庭・体育の
筆記テストもありますよね。

この4科目、対策するにも何をやればいいかわからない。
そんな方も少なからずいることでしょう。

そこで、このたび藤原進学塾は、
これら実技4教科の試験対策を準備いたしました!

宮城県の公立高校入試には内申点が重要

宮城県では、公立高校を受験する際、通信簿の数字で内申点が決まります。

その計算がちょっと特殊で、宮城県の場合、5教科(国語・数学・英語・社会・理科)と
実技4教科の通信簿の点数を2倍にした計195点満点(3年分)になるのです。

このことからも、実技のテストがいかに大事かがわかりますね。
しかも、1年生からその競争は始まっています。
内申点が低いと、3年生になって努力し実力が上がったとしても
行きたい高校に行けないことすらあるのです。

そんなことにならないように、試験対策は万全にしておきましょう。


藤原進学塾では、1回分の無料体験授業をやっております。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

メールのお問い合わせ・お申し込みはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

盛岡一高、東北大。中学受験の塾「標準仙台校」に入社。2009年から独立し藤原進学塾を設立。東大合格生から不登校児まで数千人以上の様々な生徒を指導。ボードゲーム「悲しき熱帯魚」「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者。ボードゲームはドイツのエッセンシュピール’16にも出展。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。